タバコで体臭もクサくなる?実は煙の臭いだけじゃないんです!

非喫煙者にとってタバコの臭いって気になりますよね。

最近では加熱式タバコという煙が出ないタイプもありますが、それでもやはり臭いは気になってしまうもの。タバコといえば「煙の臭い」が鼻につきやすいですが、実は喫煙によって体臭にも変化が出ているのです。

本記事では、「タバコによる体臭への影響」とその対策についてまとめてあります。

 

煙だけではない!タバコは体臭にも影響を与える?

「タバコの臭い」といえば主に「煙」が思い浮かびますよね。確かに、服や髪の毛についたタバコの煙の臭いは分かりやすいです。しかし、タバコの体臭への影響は煙だけではないのです。

こちらでは喫煙によって体臭にどう影響があるのかを解説していきます。

  • 口内環境の悪化
  • 発汗量の増大
  • 体の酸化(加齢臭)

以下で詳しく見ていきましょう。

口内環境の悪化

タバコには唾液の分泌を抑制する作用があります。

殺菌洗浄をしてくれる唾液が少なくなることによって口内に雑菌が繁殖し、「口臭」が生まれやすい環境を作ってしまうのです。

また、ニコチンの作用によって歯肉の血流が悪くなり「歯周病」にもかかりやすくなります。こちらも口臭の原因となってしまいます。

ちなみに歯周病の臭いは「食べ物が腐った臭い」「ドブくさい臭い」と例えられるように、かなりきつい臭いになります。

発汗量の増大

喫煙によって摂取されたニコチンは自律神経に働きかけ、発汗量を増やします

かいた汗をそのままにしておくと皮膚の常在菌によって分解され、その時に発生するガスがいわゆる「汗臭い」に繋がってしまうのです。

また、タバコに含まれる「アセトアルデヒド」「硫化水素」「アンモニア」といった有害物質は血流に乗って全身を巡り、皮膚ガスや汗、呼気といった形で外に排出されます。

要は喫煙によって汗をかきやすくなる上に、その汗も有害物質を含んだものになるのでより臭いやすい状態になっているのです。

体の酸化(加齢臭)

タバコに含まれる一酸化炭素は中性脂肪を酸化させる作用があります。

中性脂肪が酸化されることによって発生する「ノネナール」は加齢臭の原因物質であり、喫煙によって加齢臭をより強めると言えます。

また、「体の酸化=老化」とも言われるように、体が酸化することによって代謝機能が衰えます。結果として老廃物が体に溜まりやすくなり、それも体臭の原因に繋がってしまうのです。

 

タバコによる体臭への対策は…

喫煙による体臭への影響を考えて、「加熱式タバコ」に変えた方も少なくないでしょう。

加熱式タバコは、タバコ葉を燃やすことによって生じるタールや煙が少ないため、確かに紙巻きタバコに比べると臭いはつきづらいです。

しかし、加熱式タバコといえど、ニコチンは紙巻きタバコと同程度は含まれていますので、体臭への影響はゼロではありません。

一番の体臭対策は禁煙すること

歯磨き」「タブレット」「服のクリーニング」「体をしっかり洗う」などタバコの臭い対策はあります。

しかし、一番の対策は「タバコの煙を浴びないこと」「ニコチンをはじめとした有害物質を摂取しないこと」、すなわち「禁煙」になります。

タバコはお酒と同じ「嗜好品」になりますので、吸うのも吸わないのも個人の選択になります。

喫煙による体臭への影響(前項)を参考に、体臭対策と健康のために禁煙するのか、それでも吸い続けるのかをよく考えて頂ければと思います。

 

まとめ:タバコによって体臭はクサくなりやすい!

タバコと体臭の関係まとめ
・タバコを吸うことによって「口内環境の悪化」「発汗量の増大」「体の酸化」という体臭への悪影響がある
・加熱式タバコであっても体臭への影響はゼロではない
・一番の体臭対策は「禁煙」することである

煙の臭いだけではなく、タバコを吸うことによって体臭も変化します。

喫煙者で体臭が気になるという方は、今一度タバコの体への影響を見直してみるのも良いでしょう。

 

体臭・口臭にお悩みの方におすすめの体臭サプリ
おすすめの記事