『自臭症』をご存知?体臭への恐怖心はもしかしたら幻臭かも!【原因と改善方法】

体臭が気になって人と話すのが怖い

自分が臭っている気がするから、電車やエレベーターに乗れない

周りの人に臭いと思われている気がする

 

こんな具合に体臭がストレスとなって、生活習慣にも支障を感じている人はいませんか?

本記事では、体臭が過度に気になってしまう「自臭症」についてまとめています。自分自身に自覚がある方はもちろん、周りにそういう知り合いがいるという方も、ぜひご一読ください。

 

自臭症とは?

自臭症とは、実際にはクサイ体臭を出しているわけではないのに、「周りに体臭で迷惑をかけていないか?」「体臭で嫌われているんじゃないか?」と強く思い込んでしまう精神疾患になります。

体臭に強いこだわりをもつのは「強迫性障害」からきていると考えられ、実際には臭いはないのに「幻臭」を感じてしまうこともあります。

自臭症の症状!あなたも当てはまるものはありませんか?

自臭症の症状には以下のものが挙げられます。

 

  • 周りの人の咳払いやくしゃみ、鼻を抑えるといった些細な動作も「自分の体臭のせいだ」と不安になる
  • 体臭が気になって、人と話すのが怖い
  • 体臭が気になり、何度も消臭スプレーをふりかける
  • 身体の一箇所を何度も洗ってしまう

 

社会生活を営むうえで最低限の体臭ケアは大切です。しかし、体臭を気にするあまり、過剰なストレスを感じたり、恐怖心を感じる場合は「自臭症」になっている可能性もあります。

自臭症になりやすい性格は?

自臭症は「几帳面」「神経質」「完璧主義」な方がなりやすい傾向にあります。

「体調が悪い」「寝起き」「緊張した時」など体臭がクサくなることは確かにありますが、一時的なことがほとんどです。

しかし、一時的な体臭ではあれど誰かに指摘されたり、自分で気になった瞬間があったら、真面目な人ほど「体臭は大丈夫かな」と過剰に意識するようになってしまうのです。

 

【改善方法】自臭症だと感じたらどうすれば良い?

「生活習慣に支障が出るくらい体臭に不安を感じている」方は、どう対処していけばよいのでしょうか?

 

  • 歯医者に行って口臭のチェックをする
  • 心療内科にいく

 

それでは詳しく見ていきましょう。

歯医者に行って口臭のチェックをする

周りの人にいくら「別に臭わないよ」と言われても、自臭症になっていると、なかなか信用できないものです。

そこで、体臭に不安がある方は、歯医者に行って口臭チェックしてもらうことをオススメします。機械を使って口臭を測定してもらえるところもあり、客観的にニオイがないことが分かれば安心できる場合もあるからです。

また、実際に「虫歯」や「歯周病」といった症状があれば、治療してもらうこともできます。「こうすれば臭いがなくなる」という具体的な方法が見つかれば、安心につながることもあるのです。

心療内科にいく

「歯医者に行って口臭チェックを受ける」もしくは、「体臭チェッカー」などで客観的にニオイがないことが証明されても、不安や恐怖が断ち切れない場合もあります。

そうなると、実際に臭っているわけではないので、心療内科での「精神面でのケア」が必要になってきます。「抗うつ剤」「抗不安剤」といった薬物療法や、面接による心理療法で自臭症の治療を行っていくのです。

心療内科というとちょっと抵抗があるかもしれませんが、臭いからの不安を断ち切り、通常の生活習慣を送れるようにしっかりと治療していくことをオススメします。

 

まとめ:体臭に恐怖心がある場合は自臭症の可能性も!

  • 自臭症とは実際に臭っていないのに、自分の体臭に恐怖心を持つ精神疾患である
  • 自臭症になると生活に支障が出てくる場合もある
  • 自臭症には「几帳面」「完璧主義」な人ほどなりやすい傾向がある
  • 自臭症を実感する場合は「歯医者に行く」「心療内科に行く」ことをオススメする

 

体臭ケアはもちろん大切ですが、過剰に気にしすぎているケースもあります。

体臭が気になりすぎて生活習慣にも支障が出ている方は、ぜひこちらの記事を参考に、自臭症への対策を行っていただければと思います。

 

体臭・口臭にお悩みの方におすすめの体臭サプリ
おすすめの記事